腰痛改善 グッズ

軽い筋肉痛だと思っていたら日々気になる腰痛に

腰痛

私は、32歳の事務兼営業事務補助をしています。

 

大学卒業後に入社をしていた会社を1年でやめてしまい、しばらくフリーターをしていました。
フリーターの時に出会った彼女と結婚したいと思い、今の建設会社に就職しました。今年で4年目です。

 

営業の方が歩合もつくので稼げるのですが、飛び込み営業は苦手で事務兼営業補助をしています。営業補助で成約すると、少しは歩合がつくので営業ほどではないのですが、生活に困らない程度稼げて結婚に向けての貯金をしています。

 

僕以外の事務の人は女性の為、今までの事務書類倉庫やボルトや鉄筋などの在庫などの倉庫は適当に使われてきました。あまりにも汚かったので上司の指示で、事務仕事の合間に、倉庫に行き重い書類や工具の整理も僕の仕事になりました。倉庫整理を始め重たいものを頻繁に運ぶようになりました。

 

ある長時間作業を続けた翌日の朝に布団から起きる時、腰の部分に痛みが、走りました。始めは筋肉痛なのかと思っていたのですが、どうやら筋肉痛ではなさそうです。

 

そこで初めて腰痛なのだとわかりました。病院に行くほどの痛みではないのですが、座っていても腰が気になる日があるようになっています。

 

それからは、仕事の前の準備体操を心がけています。重たいものは、持ち上げず、台車等を利用して、運ぶように工夫しています。

 

それでも腰が痛いときは、腰痛緩和効果の入浴剤にゆっくり浸かって入浴したり鎮痛効果のあるゲル状の軟膏や湿布を貼ったりして対処しています。

 

湿布は、職場にも持って行っていました。痛くなれば、貼って、気持ちよく、効果を感じてましたが、だんだんと体が慣れてしまったのか最初の頃のように効果を感じなくなりました。

 

私のように、病院に行くほどの痛みではない腰痛を持っている人が普段どのような方法や腰痛改善グッズで対処しているのか、知らない良い方法や腰痛改善グッズがないのかと思いアンケートと体験談を集めました。

 

集めた体験談をもとに私でもできそうなことを実践し、9カ月で腰の違和感がなくなって以前のような普通の生活を送れるようになりました。

 

同じように軽度の腰痛に悩んでいる人の参考になればとこのホームページを作りました。

 

腰痛の85%は原因が特定できない

病院の診断

私は、今までの経験からなんとなく湿布などを薬局で購入したりして使っていましたが、腰に違和感を持つようになり、以前のように気にならなく過ごせる日が1週間のうち3・4日です。
もっと大変な人もいると思いますが、私にとって腰が気になる日は、とても憂鬱です。

 

そこで、ネットや本でいろいろと調べると腰痛の内15%しか病院のレントゲンやMRIで原因が特定できないことがわかりました。そのことにとてもビックリしました。

 

ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症のセルフチェックをしました。
どれもあてはまらないので少し安心しました。

 

他の人の腰痛の原因をアンケートを取ってみると主な原因としてあがってきたのが

  • 姿勢の悪さ
  • 運動不足
  • 座りっぱなし
  • 重いものを持った

などの回答がありました。

腰痛の原因

上位はどれも私に当てはまります。

 

普段の姿勢で腰に負担をかけていて、重いものを持ったり急激な運動がきっかけで腰痛になる人が多いようです。

 

腰痛の対処法で多く使われている腰痛改善グッズは、湿布薬

 

私の場合、なんとなくで湿布を貼っていました。
小さいころから痛いと湿布を貼るというのを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
この機会に湿布薬の効能について調べました。

 

冷湿布

温湿布

急性の痛みに使う 慢性の痛みに使う
炎症を冷やすことで痛みを緩和 血管の拡張で血流促進で緩和
血流を少なくして痛みを少なくする 筋肉の慢性的なコリ

私が使っていたのは冷湿布なので炎症を抑えていたのですね。
理由がわからないまま使っていいたことが恥ずかしくなりました。
慢性的な腰痛に冷湿布は、効果がないのですね。納得できました。

 

さらに調べると、冷温湿布は冷たくまたは暖かく感じる成分が入っているだけで実際はそれほど冷たくも暖かくなく湿布内にある薬剤の効果で痛みを緩和しているのがわかりました。

 

これから湿布薬は、一時的に痛みを緩和させるのに使うだけにしようと思いました。

 

アンケート結果はというと

  • 湿布やローションなどを塗る
  • ストレッチなど運動して体をほぐす
  • お風呂にゆっくり入る

が上位でした。

腰痛の対策

 

ぎっくり腰などの立ち上がれない状況じゃない場合は、自分で対処する人がほとんどのようです。それは診断名がついているのかと聞くと、66%の人が病院に行ってないのでついていないという事でした。

 

湿布やストレッチである程度改善できる場合、仕事を休んで病院にはなかなか行けなかったり、行かずに治そうとする人が多いみたいですね。

 

効果を感じやすいのは、湿布薬と腰痛ベルト

湿布薬と腰痛ベルト

今していること以外に、良い方法があればと思い具体的な商品名

 

アンケートで具体的効果があったと感じた腰痛改善グッズを商品名で聞くと次のようなものが上がってきました。

サロンパス バンテリン外用薬 ロキソニン湿布薬
ピップ エレキバン 血流改善 腰ホットン フェイタス
ハリックス55 MIZUNO 腰部骨盤ベルト ZAMST(ザムスト)腰サポーター
中山式 腰椎医学 コルセット ノーブル バックレスキューベルト Dr.magico 腰椎コルセット
山田式 骨盤ストロングベルト バンテリンサポーター 腰用 ワンダーコア
入浴剤の「きき湯」 高反発マットレス アクテージAN錠
ビタロークEXP錠 LPN ストレッチポール IKSTAR第三世代ヘルスケア座布団
王様の座布団 ドリームセラピー グロング健康クッション

使っている人が多かった腰痛改善グッズは、湿布薬や腰痛・骨盤ベルトでした。

 

使い始めた時の使用感や痛みが発生しなくなったものが効果があったように感じますね。

 

鎮痛成分が入っている錠剤でやり過ごす人もいるみたいですね。

 

ワンダーコアで腰回りの筋肉のトレーニングをしている人もいるみたいですね。
負荷をかけすぎると逆に悪化させそうですね。

 

アンケートの結果から私が試してみたいと思った腰痛改善グッズは、ストレッチポールです。

 

腰回りのコリをほぐし、背骨の位置をリセットするというものです。どちらかというと姿勢はいい方ではありません。

 

きっかけは、倉庫整理ですが普段の姿勢で背骨から腰に掛けて負担をかけていたのだと思います。それを、元に戻すのにはちょうどいいと思いました。

 

まずは、ストレッチポールを試しました。ストレッチポールの上に寝て左右に揺れるだけです。

 

それだけでも、普段刺激されない部分が刺激されて気持ちがいいです。また、背筋が伸びているのが実感できるのがいいです。

 

それでも、しばらく腰の違和感があったので、倉庫整理の時だけ腰痛ベルトを着けて作業をしました。

 

9カ月続けていると、週の3・4日あった腰の違和感がなくなりました。

倉庫

倉庫整理をしても何ともありません。倉庫整理が軽い腰回りの筋トレにもなったのだと思っています。

 

今では、ストレッチポールに少しはまりYouTubeで簡単そうなトレーニングを見て少し試しています。

 

まとめ 腰痛改善には時間がかかる

一言に腰痛の言っても腰痛の原因は、様々です。
軽度の腰痛の場合、1・2日湿布を貼って治りますが、実際の原因は他にあるのかもしれません。私は、セルフチェックで済ましたりしましたが、病院や整骨院に行くなどをして専門家の意見を聞く方が安全で良い方法だといえます。

 

また、長い時間をかけてなった腰痛は治すのも長い時間がかかります。ストレッチや筋トレ・ウォーキングにしても長く続けることが大事だと思います。

 

私が続けれた理由はストレッチポールで左右に揺れた時のゴリゴリ感が気持ちよかった事です。あと、毎日15分程度と時間をそれほどかけなかったのがよかったのだと思います。